包み方の基本「平包み」「お使い包み」――風呂敷の使い方

風呂敷の使い方をご紹介。風呂敷といえば、包むのが最もポピュラーな使い方ではないでしょうか。そこで今回は、基本的な包み方である「平包み」と「お使い包み」についてご紹介します。慣れてしまえば簡単。どんなものでも包めて便利なので、ぜひ包み方の手順に従って挑戦してみてくださいね。

平包み

結び目をつくらず、風呂敷でくるむだけのシンプルな包み方が平包みです。結び目がないことから、「付き合いが解けない」と縁起がよいとされ、シンプルながら格の高い包み方です。冠婚葬祭や改まった日の贈り物などに用いるといいでしょう。

平包みは結び目がない分、風呂敷の柄がよく映えます。また生地を傷めないため、丹後ちりめんなど、繊細な織物の風呂敷を使う際にも、理想的な包み方です。

包み方の手順

包み方はシンプルで、くるむだけ。紙で箱をラッピングする際の包み方に近いです。それではさっそく、詳しい手順をご紹介します。

1.ふろしきの裏を表にしてダイヤ形になるように広げます。のし紙がある場合には、左側を頭にして置きます。

2.手前側(a)を箱にかぶせ、布の先端を箱の下に折り込みます。

3.左(b)の先端を持ち、箱に添わせるよう右側に向かって上からくるみます。

4.箱の右側の角に重なった布を整えながら、右側(d)から3と同じように左側に向かって上にかぶせます。(d)の箱からはみ出した布を内側に折り込みます。

5.箱の奥側(c)を手前に向かって箱の上にかぶせ、箱の幅に合うよう布幅を整えます。さらに、(c)の先端を箱の下側に折り込みます。

平包み
お使い包み

風呂敷の包み方のうち、結び目をつくる包み方の代表格がこのお使い包みです。こちらも平包み同様、伝統的な包み方の一つです。

中央にくる真結びが美しく、華やかな印象を与えます。中央でしっかり結ぶため、包みがほどけにくく、持ち運びに便利なのも特徴。菓子折りなど四角い箱や、衣類など形が定まらないものなど、さまざまなものを包むのに便利です。

包み方の手順

1カ所結ぶだけと、包み方はとても簡単です。

1.ふろしきの裏を表にしてダイヤ形になるように広げます。のし紙がある場合には、左側を頭にします。

2.手前側(a)を箱にかぶせ、布の先端を箱の下に折り込みます。

3.奥側(c)を持ち、今度は手前側に向かって箱にかぶせてくるみます。

4.左端(b)と右端(d)を持ち、しっかり真結びしたら布先を整えます。

お使い包み

お使い包みに適する風呂敷

OK ポリちりなど化学繊維の風呂敷・綿の風呂敷
NG 丹後ちりめんなど絹の風呂敷

お使い包みを少しアレンジすれば、簡単に隠し包みができます。お使い包みの最後の手順で真結びの結び目を布で覆えば完成。ふろしきの柄が美しく出て、品のある包み方です。

包み方の手順

1.お使い包みをしたら、真結びの結び目の下から布を引き出します。形を整えたら結び目が隠れるよう上から覆います。

隠し包み
  • 一番人気!コトリシリーズ
  • がま口大好き
  • OEM-オリジナル製品制作-

FacebookPage


モバイルショップ

モバイルショップ