「簡単風呂敷バッグ」のつくり方

風呂敷の活用方法についてご紹介。今回は、最近人気の使い方「バッグ」です。風呂敷が1枚あれば、簡単に結ぶだけ。手軽に使えます。毎日の買い物や、ちょっとした荷物、大きな額縁を運ぶなど、幅広く使えてとても便利です。

簡単ショッピングバッグ

風呂敷でつくるショッピングバッグにはいくつかの種類がありますが、簡単につくれて、万能に使えるのがこのショッピングバッグ。

ものがたくさん入り、風呂敷をさっと結ぶだけですぐにつくれるので、とても便利です。

中に入れるものに合わせて、自在に形を変えられるのも風呂敷ならではの魅力です。

1枚の布からバッグをつくるなんて、なんだか難しそうですが、実はとても簡単です。さっそく、詳しいつくり方の手順についてご説明しましょう。

1.風呂敷の裏を表にして、ダイヤモンド型になるように広げます。

2.手前側(a)を奥側(c)に重ね、三角形になるよう、半分に折ります。

3.左側(b)と右側(d)どちら側もひとつ結びにします。

4.(a)と(c)を真結びにして完成です。

つくり方の手順 つくり方の手順

簡単ショッピングバッグのつくり方をちょっと変えるだけで、両脇の結び目が見えないショッピングバッグに。さらにすっきり、シンプルなデザインになります。

1.風呂敷を表にして、ダイヤモンド型になるように広げます。

2.手前側(a)を奥側(c)に重ね、三角形になるよう半分に折ったら、左側(b)と右側(d)どちら側もひとつ結びにします。

3.表が外側になるよう布全体をひっくり返します。

4.左右2つの結び目がきれいに内側に収まるよう整えます。

5. 4.(a)と(c)を真結びにして完成です。

つくり方の手順

90?幅ぐらいの風呂敷を使うと、買い物などにちょうどいい大きさのバッグになります。そのほかにも、風呂敷の大きさ次第でさまざまなものが入れられます。

また、深さのないバスケットやプラスチックケースなどをふろしきの底に敷くと、まちができます。ものが入れやすくなり、安定して持ち運びができるようになります。

お皿にラップをしてバッグに入れれば、そのまま持ち運びもできます。パネルや額縁など大きいものは、上の両角がバッグからはみ出す格好でザックリ入れればOKです。

買い物した食料品や料理、額縁などの持ち運びには、汚れても水洗いできて丈夫な、丹後ちりめんの「ポリチリ」がおススメです。

ふろしきクロスはこちら
  • 一番人気!コトリシリーズ
  • がま口大好き
  • OEM-オリジナル製品制作-

FacebookPage


モバイルショップ

モバイルショップ