意外や意外?! 丹後ちりめんの発祥と生産の歴史

いまや世界的にも有名な「丹後ちりめん」。その起こりは、意外にも西陣の地でした。どのようにして西陣から丹後に伝わり、その後最大生産拠点に上り詰めたのか。丹後ちりめんの深い歴史についてお伝えします。
江戸時代まで、丹後では「精好」が織られていた

丹後地方では古くから、養蚕と絹織物の産業が盛んでした。その証拠に、古墳から錦の絹織物が出土し、記録によると、奈良時代、天平年間に「あしぎぬ」を丹後国鳥取(現在の京丹後市弥栄町鳥取)から調貢したとあります。そしてそれは、正倉院御物のうちに現在でも保存されています。

平安から江戸時代まで、丹後では、縦糸に細い糸、横糸には太い糸を使った張りのある厚地の高級な絹織物「精好(せいごう)」が織られ、上層階級の衣装に使われてきました。ところが、精好は美しい反面、高級品であるがために販路が狭く、次第に先細りになっていったのです。

そんな江戸時代の享保年間、時を同じくして、丹後峰山藩の絹屋佐平治(森田治郎兵衛「ちりめん織の始祖」)と丹後宮津藩の山本屋佐兵衛、手米屋小右衛門が京都西陣の機屋に奉公に入りました。

そこで3名は、その当時流行していた最先端のちりめん織りの技法を苦労の末に覚えて故郷へ持ち帰り、1720年ちりめん織りを始め、丹後の人々に教えました。元来、ちりめん織の技法は、天正年間に御朱印船で明国から堺に伝わり、豊臣秀吉の命により堺から西陣に移転。以降、時々の権力者の庇護の下、高級織物として栄華を極め続けてきた技術です。横糸の太さや横糸の撚り回数、熨斗の掛け具合が、ちりめんの善し悪しや趣向を決めます。

当時流行していたちりめん織の技法は、西陣の秘法とされていましたが、3名は持ち帰ったその技術を丹後の職人たちに伝え、瞬く間に広まっていきました。

後の享保15年、西陣で大火災があり、西陣の7000台あまりの織機の半数が焼けてしまい、絹織物不足になりました。その結果、丹後に注文が殺到したことから、すっかりちりめん織りの産地として定着するのでした。

以降国内の着物向けに生産量は増え、明治初期には年間約40万反、明治末期には150万反を上回るようになりました。さらに、大正時代から昭和初期にかけて力織機が導入され、生産量・生産額とも激増します。それまで、ちりめんの善し悪しは京都の問屋が行ってきましたが、この時代には産地組合が設立され、地元での国練検査制度の仕組みも確立されます。まさに丹後ちりめんの黄金期ともいえる時代へ突入。昭和10年には生産量が530万反を越えました。

戦後は、縫取りちりめん、変り無地ちりめん、紋意匠ちりめんと、次々にヒット商品を世に送り出しながら生産量を伸ばし、設備も最新式に更新されていきます。昭和48年には生産量が1000万反近くを数え、丹後は和装ちりめんと帯の最大生産拠点となり、世界一のシルク生地の生産地にまで上り詰めました。現在の生産量は30万反程度となりましたが、それでも、強撚糸を用いたシルク生地では世界最大の生産量を誇ります。

  • 一番人気!コトリシリーズ
  • がま口大好き
  • OEM-オリジナル製品制作-

FacebookPage


モバイルショップ

モバイルショップ