実は舶来品?!「がま口」の歴史

「がま口」は、口金の部分がガマガエルの口のように大きく開くことから名付けられた袋物です。
和の小物として知られ、日本生まれだと思っている方が多いと思いますが、実は明治時代にヨーロッパから伝来した舶来品なのです。がま口はどのようにして日本に入り、広まっていったのか。がま口の歴史を辿ります。

フランスで大流行していたがま口

がま口は、明治政府の御用商人である山城屋和助が明治5年、フランスから持ち帰ったのが最初といわれています。
山城屋和助は陸海軍用の兵器の輸入のため、明治4年から、ヨーロッパとアメリカを巡っていました。その際フランスで大流行していたがま口の財布やカバンを見かけ、日本に持ち帰ったのです。
それから山城屋和助はフランスのがま口を模して売り出し、次第に日本全体に広まっていきます。

その時代、日本では貨幣のみが流通していて、お財布には「懐中信玄袋」という小型の信玄袋が使われていました。
しかし、ちょうど山城屋和助ががま口を持ち帰る前年、明治4年に紙幣が発行されました。そこでがま口の財布に紙幣を入れられるよう改良して販売したところ、少しずつ売り上げを伸ばしていきました。

しかし、がま口財布が売られるようになった当初、がま口を使用するのは一部の富裕層のみでした。というのも、口金には真鍮が使われ、職人が細工を施してつくっていたため高価だったからです。
しかし後に、安価な溝輪金の口金が開発されると、がま口財布は庶民にも普及。大流行となりました。

また、山城屋和助ががま口財布とならんで生産したがま口のカバンは、本格的なカバンづくりのさきがけともいわれています。
それまで日本には、布あるいは革でできた「胴乱」という肩や腰にさげて持ち歩く袋物があったのみで、西洋式のカバンはまだ広まっていませんでした。

そのようにして明治10年ごろには、がま口は全国に知れ渡り、明治20年頃には大流行します。明治25年ごろには生産技術や材料が改善され、高品質な製品が安定して作られるようになりました。
そして大正時代には洋服が広まり、洋装に合う婦人用のがま口カバンが流行します。

昭和に入り戦後になると、ナイロンやビニール素材の生産が進み、がま口財布やカバンにも使われるようになります。そうして、現代に合う化繊の機能的ながま口の誕生に至るのです。

  • 一番人気!コトリシリーズ
  • がま口大好き
  • OEM-オリジナル製品制作-

カテゴリーで選ぶ

FacebookPage


モバイルショップ

モバイルショップ

カテゴリーから探す