丹後ちりめん一色テキスタイルがお送りする、
風呂敷の色選びのヒント

風呂敷にはさまざまな色のものがあり、古来より使う風呂敷の色によって、包む人は喜びや悲しみの心を表現してきました。

赤や黄色など明るく暖かい色は結婚や出産などの慶事で、紫や青など深みのある色は、葬儀など弔事でと使い分けてきたのです。
色の知識を少し持つことで、風呂敷選びのセンスは各段に上がります。

それぞれの色が持つイメージや、その色が古くから表してきた意味合いなどを参考に、使うシーンに合わせて風呂敷の色を選んでみてはいかがですか?

紫色の風呂敷

優雅なイメージを持つ色です。日本では昔から、位の高い人たちが紫色の物を身に付けていました。そのことが表すように、紫は伝統的に高貴な色とされています。紫色の風呂敷は、結婚や出産などの祝いごとの席での使用や、お礼の意を伝えたい時にも相応しい色で、また葬儀などのおくやみごとの際の使用にも適します。

青色の風呂敷

空の色や水の色である青は、大変身近に感じられる色ではないでしょうか。藍を使い、草木染で染められた日本の伝統的な青である藍色は、古くから生活に密着してきた色です。風呂敷はもちろん、手ぬぐいなんかでもよく見られる色ですよね。
外国人が日本独自のこの藍色のことを「ジャパンブルー」と呼んだことでも知られます。染めの種類や手法には、瓶覗(かめのぞき)、繰色(はなだいろ )、浅葱色(あさぎいろ)などがあります。深めの青色は、おくやみごとでも。

赤色の風呂敷

華やかで暖かみがあるこの色の風呂敷は、結納や結礼などのお祝いごとに最適でしょう。赤色でも、鮮やかな赤紅、黄色がかった朱色、青紫寄りのえんじなど、色味は豊富です。

緑の風呂敷

自然を感じられる簡素な美「侘び」を代表する色彩の一つ。
江戸時代には流行色となり、和のイメージが強い色でもあります。風呂敷では、鴬色や利休と呼ばれる渋みのある中間色のものが多く、伝統的な風呂敷としてそれらの色は人気が高いです。お祝いごとにも、おくやみごとでも使えます。

黄色の風呂敷

幸福感溢れる色で、特に明るめの色は、縁起の良い色として親しまれてきました。日本では稲科の刈安を染料とした草木染が古くから盛んでした。風呂敷だと山吹色や金茶のものが多いでしょう。

どの年祝いかによって、使用に相応しい風呂敷の色が異なります。具体的には、60歳の還暦では赤い風呂敷、70歳の古希、77歳の喜寿では紫の風呂敷、紫色、80歳の傘寿、88歳の米寿では金茶色の風呂敷、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿では白い風呂敷を用いるといいです。

  • 一番人気!コトリシリーズ
  • がま口大好き
  • https://file002.shop-pro.jp/PA01375/793/mask/top_banner.jpg-
  • OEM-オリジナル製品制作-

カテゴリーで選ぶ

FacebookPage


Instagram


Instagram

モバイルショップ

モバイルショップ

カテゴリーから探す